三菱アウトランダー

2012年に2台目がデビューした三菱アウトランダー。

2.4Lの4WDモデルは燃費効率が13%も向上してます。

サバイバルゲームがご趣味の知り合いは、24Gサファリパッケージ、ボディカラーはブラックを選択。

値段としてはこのクラスでこの値段?というほど、リーズナブルでした。

座席の二列目を倒すと1685mmの長さの荷室が出現するので、何でも載せ放題!の恩恵にあづかれます。

パジェロと悩んだようですが、燃費の差が歴然としてましたので、そこでアウトランダーになったようです。

サバイバルゲームだからといって荷物がそこまで大量になるというわけではないのですが、結構な年齢ですから、とにかく「飲みたい」「寝たい」があるそうです。

終わったあとにバーベキューをし、その乾杯がたまらないらしいですね。

飲んだら乗るな乗るなら飲むな、飲んだら寝るしかないでしょう。

まぁたしかに。。。なのです。

寝るのに最適らしい

かといってテントを張ってそこで寝ると体中が痛いんですって!

車に低反発のマットを敷いて、アウトドアでもインドア感覚で寝たいんですって!

ついでにアースノーマットも焚きたいんですって!

寝間着にも着替えたいんですって!

って、もうすでにアウトドア派の人間じゃないじゃないの!

自衛隊に勤務して、定年で退職したので当然50半ば過ぎ。

サバイバルゲームは自衛隊時代の友人たちと行っているわけですが、みんな大概の年でしょう。

「寝れる車」を主体に考えているもんだから、スバルのインプレッサやトヨタ・ランドクルーザーやらが多くなりますよね。

サバイバルゲームは機敏な年齢には機敏な年齢に応じた、年取ったら頭脳戦という年取ったなりの楽しみ方があるのだそうです。

というか職業で走りまわってたのに、趣味でも走りまわって何が楽しい?と思うのは、私が心からインドアだからでしょう。

出来ればなんでもドライブスルーで買えたらいいのに!質屋だってドライブスルーの世の中よ!と思っている私には、サバイバルゲームは不向きです。

そういえば競艇選手も余暇を水系スポーツで楽しみますよね。

仕事も水の上で、遊びも水の上で、何が楽しいのさ!きっとあなた方前世が魚ね!と思います。

移動も車任せ、食料調達も宅配の私の前世は毛じらみとかでしょう。

毛じらみは移動も人任せ、栄養補給も人次第なのです。